ほくろとあざの治療|美容整形クリニックで輝く自分にしてもらおう

美容整形クリニックで輝く自分にしてもらおう

女の人

ほくろとあざの治療

ドクター

ほくろやあざが気になっている人も多いでしょう。ほとんどが生まれつき持っているものですから、そこまで気にしていないと言う方もいますが、数が多かったり範囲が広かったりすると本人はやはり気になります。人から見えるため大きなコンプレックスを感じるのでしょう。そんな、ほくろやあざを大宮の美容整形クリニックで解消したいなら、レーザーや手術で除去をしてもらってください。
レーザーはメスを使わずにできる施術方法です。ほくろやあざの施術で最も人気な方法となっています。レーザーを照射させることで簡単に除去することができます。色が薄かったり範囲が狭かったりすると1度の施術で終わりますが、濃かったり広かったりすると何回か施術を受けに大宮の美容整形クリニックに通院しなければなりません。回数を重ねるごとになくしていけるのです。術後はレーザーを照射した部分にかさぶたができますが、3ヵ月後くらいにはほとんど治ります。
続いて手術による除去ですが、こちらは大きなほくろやあざの除去に最適です。メスを使って行なう施術方法ですから、医師の技術が求められます。手術は切除縫合法やくり抜き法、局所皮弁法などがありますから、医師と相談して決めましょう。手術だと1度の施術で大きなほくろやあざを除去できますし、再発のリスクが軽減されます。また、再発を防ぐために紫外線対策をしっかりと行なってください。メラニンが影響でほくろはできるので、日焼け止めをしたり日傘をさしたりしてください。

基本的に施術は麻酔を打ってから行なうため、それほど痛みはありません。大宮の美容整形クリニックは患者の状態を確認した上で施術をスタートしますから大きな心配はないでしょう。ですが、術後は患部が赤くなる場合があることがあるので、アフターケアはちゃんと行なってください。もしも、赤みが引かないのであれば、大宮の美容整形クリニックへ行き医師に適切な処置をしてもらいましょう。

ほくろを除去してもらおうと検討している場合は、十分に注意しなければならないことがあります。それは、皮膚がんの可能性もあるということです。後天的にできて時間が経つに連れて大きくなっている場合は、皮膚がんの確立が高いです。しかし、素人では判断できませんから、大宮の美容外科クリニックや皮膚がん治療で有名な医療機関などで検査をしてみてください。もしも、皮膚がんと診断された場合は、美容整形ではなくがん治療をしなくてはなりません。